卸売業

正和フード丸正春は企業経営においては自社の資源をどこかに集中させ、独自性と競争優位性を創っていくことを指針のひとつとしております。
当社は設立当初からの”品質”に対する徹底したこだわりが最大の武器となっています。この"質"の定義は「体によいもの・健康を育むもの」=「純粋良品」と認識し、生鮮食品から調味料に渡り、買い付けルートを生産者/産地にまで遡り、造り手の素材・味へのこだわりを伝える商品を厳選、安全でかつ本格的な商品のご提供を行っております。

正和フード丸正春の卸売業

丸正春は、新宿淀橋青果市場において、国内外の新鮮な果実の卸売り業務を行っています。
卸業務の醍醐味は、不確実な供給を安定供給にかえていく臨機応変な状況判断や、市場の消費動向に常に注意を払い、扱い量とそれによって形成される価格とのバランスなどにあります。また、近年の食の多様化にあわせ、付加価値の高いレアな商品(ハーブや有機栽培の野菜、無農薬の食材)にも対応しています。
特に丸正春では独自にバナナ室(むろ)を設け、アルコール加工により芳醇な味を引き出した「ハニーボーイバナナ」をオリジナルブランドとして都内各小売店に出荷しています。

 

2010年12月1日〜OPEN☆

 

正和フード丸正春の完熟バナナ

 
Copyright©2009 Marusho-foods Co.,Ltd.All Right Reserved
 
正和フーズ丸正春のサービス
卸売業・食材加工&納品業務